債券の中でも個人向け国債は手を出しやすい?

海と夕日
国債を多く保有しているのは銀行などの金融機関ですが、政府が発行する国債の中には個人向けのものがあります。金融機関が購入する単位は非常に大きいのですが、これでは個人が購入する事はできませんから、金額を小さくして個人でも買いやすくしてあるのが個人向け国債です。債券の中では比較的手を出しやすいものだと言えるでしょう。プロミス店舗
手を出しやすい理由についてですが、まず信用リスクがきわめて低いからだと言えるでしょう。国債は無リスク離散と言われることもあるくらいで、日本人が日本国債を購入した場合には、ほぼリスクはゼロだと考えられます。国債がデフォルトすることが絶対にないのかというと、そうではありません。しかしながら、もしも日本国債がデフォルトしたときには、恐らくそれどころの騒ぎではないでしょうから、デフォルトのことまで考える必要はないと言えるでしょう。
民間企業が発行する社債の信用リスクは、格付けを見ればある程度は分かるのですが、それでも完全に分かるというわけではありませんし、色々な事に詳しくない人にとっては難しいと考えられます。これを考えれば、信用リスクがほぼゼロの個人向け国債は投資に適していると考えられるのです。
海-クジラ