固定3年

最近、あらゆる金融機関が出している定期貯金の金利が低くなってきました。そこで、多くの人々は定期貯金よりも金利の良い個人向け国債に貯金をシフトしています。個人向け国債とは、3年5年10年と様々な種類があります。固定3年とは、発行された時に設定された利率いわゆるクーポンが満期まで変わらない条件を採用しています。例えば、発行された時の利率が1.0パーセントであれば3年間1.0%の利子がもらえることになります。つまり、発行された時点で最終的なキャッシュフローを知ることができるので、効率よくお金を貯めることができます。また、発行された時から1年経過すれば途中解約もできるので、3年間必ず置かないといけないというわけではありません。また、額面1万円から1万円単位で発行できるので非常に便利です。もう少し長い期間置きたいならば、5年の個人向け国債もあり、10年になれば変動型もあります。また、個人向け国債は元本と利子の支払いを政府が行うため、安全性の高い金融商品です。初心者の方で個人向け国債をお考えの方ならば3年の固定型をおすすめします。他に比べればリスクが低く、投資結果がわかりやすいので経済的でもあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。