債券の格付け

債券には政府や地方公共団体、民間企業などさまざまな発行体があるため、すべての債券の元利金支払いが確実に行われるとは限らず、場合によっては運用している最中に破綻してしまうことも想定されます。
このような債券の性格から、専門機関が膨大なデータをもとに、第三者としての立場でそれぞれの発行体の信用度を評価し、ランク付けを行っています。これを債券の格付けといい、投資をする上での有力な目安となります。
格付機関によって一部表現方法は異なりますが、一般にはアルファベットを用い、例えば債務を履行する能力がきわめて高いものをAAA、次いでAA、A、BBBという順に並べ、最後に債務者が全面的に債務不履行に陥っているものをDとして符号を付します。
なお、格付機関によっては、同一のランク内であっても、相対的に上位に近いものにプラスの符号、下位に近いものにマイナスの符号を付して区別することがあります。
この格付けはそれぞれの格付機関により広く公表されることから、市場においても大きな意義を持ち、一般にトリプルB以上の格付けをもつ債券は十分な信用力を持つ投資適格債券とされ、逆の場合は投資的と判断されます。
ただし、信用度が高い債券は低利回りであることが多く、信用度が低い債券ほど高利回りであることから、資産運用にあたってはリスクとリターンのいずれを取るかという選択になります。

コメント

コメントを受け付けておりません。