債券投資の費用

債券投資をするときには、株式のように売買手数料がかかることはありません。というよりも、これらの手数料は価格に上乗せされていますから、別途の手数料がかかるわけではありません。
債券を売却するときにかかる費用の一つが経過利子の支払いです。これは債権を満期まで保有せずに売却する場合に必要となるもので、償還されるまで保有する場合には問題とはなりません。二次市場で売却する場合関連してくるものだと言えるでしょう。
債券は、保有している期間に応じて利子を受け取るのが妥当だと考えられます。しかし、すでに利払いが行われているときには、売り手側が利子を受け取りすぎになります。これを日割り計算して売り手に支払う事が必要となるのです。
逆に言えば、既発債を買うときには経過利子を受け取ることができます。ただし、これは利付債の場合のみで、割引債ではもともと利子の受取というものがありませんから、これは基本的には関係のないものだと言えるでしょう。
それ以外にかかる費用として税金があります。税金は債券のシュルによって異なっていますし、売買差益と利子とでも扱いは異なってきます。どちらにしても利益が発生すれば課税される対象となります。
月01

コメント

コメントを受け付けておりません。