転換社債型新株予約権付社債と新株予約権付社債(ワラント債)

「転換社債型新株予約権付社債」では余りに長い名前なので、以後一般的な呼ばれ方の「転換社債」と書きます。英語での略称で「CB」と呼ばれる事もあります。普通の社債だと、リターンは決まった利率によりますが、転換社債は発行時に決められた条件で、いつでも株式に転換することができるのです。つまり、その企業の株価と価値が連動するのです。無論、転換しないでそのまま社債として所持していれば、その企業の信用リスク以外では元本割れは起きにくいので、株式よりもリスクが低い事になります。いいことずくめのようですが、株式に転換できる権利の分、通常の社債より金利は低く設定されています。また、株式に転換すると社債は手元に残りません。
次は「新株予約権付社債」、通称「ワラント債」です。これはその企業の株式を決まった額で買い取る権利が着いた社債です。この権利を「ワラント」と呼びます。これは転換社債と異なり、「ワラント」部分は社債と分離されており、株式を購入しても社債は手元に残ります。しかし、株式を取得する資金は新たに必要となります。しかも株価が決められた額より高くならない場合、通常の社債に上乗せされた「ワラント」の価格部分は損失となります。
この二つのタイプの社債はどちらも2002年の法律改正により、「新株予約権付社債」に区分されています。しかし、ワラント債の方がハイリスク・ハイリターンであることに変わりはありません。

コメント

コメントを受け付けておりません。